2012年04月06日

4/6 アジア市場

        ドル/円         ユーロ/円         ユーロ/ドル

     82.16-82.42      107.29-107.68     1.3054-1.3079

東京17:00    82.42              107.66            1.3062


「小動き」
本日のアジア市場は小動き、ドル/円は82円前半での揉み合いなりました。
イースターを前に、オセアニアやアジア諸国の一部は既に休場に入っており、様子見ムードが広がる中、ドル/円は昨日の高値82.47円を意識しながらも、米雇用統計への警戒から更に上値を追って上昇するには至らず、82円前半の25銭程の小幅な値動きにとどまりました。
     
「米企業決算・米株式市場に注目」
先程発表された米3月雇用統計は、失業率は改善を示したものの、非農業部門雇用者数は予想の20.5万人増を下回る12万人増となりました。
この結果を受けて、市場参加者が少ない中、ドル/円はギャップを開けて81円前半まで売られた後、81円半ばでの揉み合いとなっています。
バーナンキFRB議長発言をきっかけに一旦、後退した米国の量的緩和期待ですが、今夜の結果を受けて来週に向けて再び浮上することになりそうです。
来週には、日銀金融政策決定会合や日本の2月国際収支、中国3月生産者・消費者物価指数、中国3月貿易収支、中国第1四半期GDP、米3月消費者物価指数などの重要イベントが予定されていますが、米国の量的緩和導入の可能性を探る観点からは、10日から開催されるアトランタ連銀主催の会合でのバーナンキFRB議長をはじめとする米金融当局者の発言と、12日のベージュブックの内容が注目されます。
さらに、米企業の決算発表を控えて、依然高値圏にある米株式市場の動向にも注目です。
米3月雇用統計の結果を受けて、今月24-25日開催のFOMCに向けて市場参加者は、様々な観点から米国の量的緩和の可能性を探り、ドル売りの機会を模索することが予想されます。
一方、同時期には、フランス大統領選挙、ギリシャ総選挙など、混乱が予想される欧州の政局絡みのイベントも予定されており、ドルをサポートする可能性が高いと考えています。
米3月雇用統計の結果にもかかわらず、円以外の主要通貨に対しては大きくドル安が進んでいないことなどからも、ドル相場は調整を経ながらも底固めの局面にあるとの基本的な認識は続行です。



posted by ウエスト at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 市場情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。