2012年04月11日

円が堅調 4/10 欧米市場

昨日の欧州市場序盤に大きく上昇した円相場ですが、その後も欧州・NY市場を通して軟調な流れが続き、ドル/円、主要なクロス円は、ほぼ安値圏でのNY引けとなりました。

スペイン国債の利回りが上昇する一方で、ドイツ10年国債は利回りは昨年9月につけた過去最低水準にまで低下、さらにダウ平均株価はは5日続落となってリスク回避フローが加速したことで米10年物国債利回りは、この4週間で初めて2%を割り込んで低下し、為替市場では円買いの流れが強まりました。

欧米株式市場の続落を受けて、本日の日経平均株価は前日終値比130円超の下落となっています。本日のアジア市場では重要な景気指標の発表がないことから、円相場は昨日同様、株式市場ならびに米長期金利の動向に左右される展開となりそうです。
本日は、円安方向ではドル/円の81.00手前近辺に円買い注文が観測されている一方で、円高方向には80.50-60ゾーンにまとまった額の円売り注文が確認されているようです。日経平均株価の動きからすると、本日は80.50-60の攻防がポイントですね。


posted by ウエスト at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 市場情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。