2012年04月13日

リスク回避一服 4/12 欧米

12日の欧米市場は、リスク回避一服の流れの中、ドルが軟調となりました。
米週間新規失業保険申請件数の悪化や、イタリア国債入札の不調な結果にもかかわらず、株式市場は堅調に推移し、リスク回避の流れとはなりませんでした。本日発表される中国第1四半期のGDPが予想を上回るでとの噂もリスク回避一服の流れをサポートし、ユーロや資源国通貨を押し上げ、ドル売りを誘いました。
ドル/円は、あいかわらず81.10円を攻めあぐねる展開が続いています。
欧米株式市場の大幅上昇を受けて、本日の日経平均株価は買われていますが、週末要因もあってドル/円、クロス円ともに戻り局面では円ショート筋の売りがしっかりと待ち受けていそうです。
ドル/円の81.10円の攻防は、日本時間11時発表の中国第1四半期GDPをはじめとする一連の景気指標の結果次第となりそうです。GDPの予想は、前年比+8.9%(前期+8.4%)となっていますが、今年のターゲットが従来の+8.0%から+7.5%に引き下げられた経緯からも、その結果が注目されます。



posted by ウエスト at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 市場情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。